ネクストウェア株式会社

採用情報Recruit

社員インタビュー

ネクストウェアでは1年目から開発プロジェクトに参加できるという先輩の話からネクストウェアへの入社を決めました。

東京技術部 S.I.
2021年新卒入社 理系出身

プログラミング経験は、ほぼありませんでした。

学生時代に漠然と「IT関係の仕事がしたい」と思っていましたが、具体的に「何を作りたい」というものはなく自身の将来像に悩んでいました。学校の授業ではプログラミングをすることがほぼなかったので、「まずはプログラム書けることがエンジニアのスタートかもしれない」と考え、ネクストウェアでは1年目から開発プロジェクトに参加できるという先輩の話からネクストウェアへの入社を決めました。

新入社員研修でソフトウェアが複数のプログラムファイルの組み合わせで、動作している事を知った時には、これは「想像以上に難しいな」と思いました。しかし、研修では理解度に合わせた説明があり、今振り返ると恥ずかしくなるほど稚拙な質問にも研修担当の先輩たちは丁寧に指導してくれました。研修終了後は様々なプロジェクトの補助業務からスタートし、半年後にはプロジェクトメンバーとなり、たくさんの経験をさせてもらっています。

「木を見て森を見ず」にならないように。

研修とOJTを経て、入社半年後には業務を本格的に行うようになりました。早く一人前になるために行った事は、先輩に指摘された事やアドバイス、自分で気づいたこと理解できたことをひたすらメモとして記録する事でした。このおかげで、プログラミング技術だけではなく、徐々にプロジェクトの全体像も見えるようになってきました。また、「同じことを質問しないように」と意識するようになり、集中して仕事ができるようになったと感じました。

エンジニアとしてのスキルだけでなく、「効率的に仕事をする」こと、「視野を拡げる」ことで、点で行っている事が線となり、これを機に業務の質が改善してきたと感じています。「木を見て森を見ず」これにならないように気を付けています。

技術以外での気付き。

会議やコードレビューの際、事前に資料をきちんと作っておかないと、本題についてディスカッションする時間が減ってしまうため、事前準備をしっかり行う事を心がけています。また、後輩へのレビューでは、自分が先輩から受けた指導で嬉しかったことを取り入れるようにしています。例えば、「いいと思う」と伝えるだけでなく、どの点が良かったか、何かしら具体的なコメントをするようにしています。指導する立場になると、自分自身の業務も行動にも今までとは違う緊張感が芽生え、質が高まったのではないかと思います。

まだまだ技術力を磨かなければなりませんが、チームのリーダーを任せてもらえるようにプロジェクトの中でチームリーダーがどのような目的で指示や指導を行っているのか、そこまで視野を拡げて業務に取り組みたいと思います。

一日の流れ

9:00 – 出社 メール、スケジュールチェック

9:30 – 朝会(本日の予定報告・タスクの進捗共有)

10:00 – コードレビュー用の資料作成

12:00 – 昼食 (出社の日はコンビニで買うことが多いです)

13:00 – コードレビュー用の資料確認

14:00 – コードレビュー

15:00 – 開発 コードレビューで指摘の入った箇所を修正

17:00 – 日報提出、1日の進捗報告、翌日の課題をまとめる(具体的に書かないと指摘が入るのできちんと書いています!)

18:00 – 終業(お疲れ様でした!)

採用情報TOPに戻る

他の社員インタビュー