ネクストウェア株式会社

採用情報Recruit

社員インタビュー

海外出張。展示会出展。 若いうちから差をつけるなら、当社へ。

東京技術部 K.I.
2017年新卒入社 理系出身

さまざまな事業、業種を手がけていることが 一番の魅力でした。

もともとパソコンを触ることが好きで、高専進学時からIT系に進もうと考えていた私。ネクストウェアへは学校推薦で入社したのですが、「ここに決めよう」と思えたのは、当社が扱う業種や事業に偏りがなく、幅広い分野の仕事を手がけていたことでした。入社後驚いたのは、思いのほかお客様のところへ行って話す機会が多かったこと。週の半分以上、お客様のところにいますね。IT、プログラムってあまり人と関わらないイメージがあるじゃないですか。でも、さまざまなお客様、企業と関われることはそれだけ知見も広がりますし、いいことだと捉えています。具体的な仕事としては、私は入社以来ずっとエンジニアとしてWinActorというソフトウェアを使って業務の自動化をする新規事業に取り組んでいます。現在お客様が行っている業務を自動化するものですので、お客様のところへ訪問して作業しています。

1年目から海外出張を経験したことで、 大きな自信に。

仕事をしていて嬉しいのは、やはり自分が手がけたものが正常に動作し、お客様に感謝されたとき。試行錯誤してやっと完成したものだと、喜びもひとしおですね。特に印象に残っているのは、入社1年目で中国へ訪問する機会をいただいたときのこと。銀行の事務作業をアウトソーシングで請け負っている会社だったのですが、計4日間かけて入力業務の自動化を作成。WinActorのおかげで生産性や正確性が大幅に向上したとの評判を頂きました。私たち自身もWinActorが大量の事務作業の自動化に向いているという収穫を得られた案件でしたね。初めての海外で大変なことも多かったですが、1年目で経験できたことが自信になり、その後の仕事では「あの時に比べれば…」という気持ちで、落ち着いてできるようになりました。

いま取り組んでいる新規事業を 引っ張っていける人材になりたい。

私がいま取り組んでいるWinActorの事業はまだ2年目。新入社員も配属になりどんどんメンバーが増えているところですので、自分がこれまで学んできたノウハウを伝えながら、この組織をもっと大きくしていきたいです。また一方で、プログラム作成などWinActor以外の仕事にも挑戦してみたいですね。いずれにしても、ここで学べることは多い。先日、ある展示会で同じ学校のクラスメイトと再会したのですが、私は出展側で、向こうは来場者だったんです。そういう観点でも、若いうちからさまざまな経験をさせてもらえてるなと感じることは多いですね。

一日の流れ

10:00 – お客様先へ直行

ひとりで訪問し、お客様とWinActorで自動化する業務に関するお打合せを行います。お客様に目の前で実際に操作していただき、どのような手順なのか、条件によって手順が変わるのか、何をもって作業終了とするのか、などを確認します。

11:00 – シナリオ作成

WinActorでは、自動化する処理フローのことを「シナリオ」と呼びます。一旦手動操作で記憶させた処理の流れをシナリオに書き起こし、処理条件等を設定してゆきます。

13:00 – 昼休憩

お客様に近くの安くておいしいところを伺って食べに行ったり、場合によっては、社員食堂に案内いただいて一緒に食事をしたりすることもあります。

14:00 – お客様と打合せ

午前中のシナリオ作成作業の中で気が付いた懸念事項や、イレギュラーな処理などについてお客様に相談します。

15:00 – シナリオ修正

打合せの内容を元に、シナリオを修正します。

18:00 – ユーザーレビュー

シナリオがお客様の意図通りに動いているか、お客様に動作を見ていただき、問題が無いことを確認します。

18:30 – お客様先を退出し自宅へ直帰

お客様にご挨拶をして、退社します。会社に本日の状況を報告する電話を入れ、自宅に直帰します。

採用情報TOPに戻る

他の社員インタビュー