IR 情報

財務指標

決算短信

決算短信、財務・業績などをご覧いただけます。

第28期(平成30年3月期)
第27期(平成29年3月期)

有価証券報告書

有価証券報告書、四半期報告書等をご覧いただけます。

第28期(平成30年3月期)
第27期(平成29年3月期)

株主通信

株主通信をダウンロードいただけます。

第27期 株主通信
第26期 株主通信

 

よくある質問

Q1.個人情報の取扱いについては?

A1.

当社ではプライバシーマークを取得しており、プライバシーマーク制度に基づいて、お客様などからお預かりした個人情報を管理しております。 個人情報保護方針

Q2.配当の考え方は?

A2.

継続を基本と考え、当該年度の利益状況を勘案し、財務体質の強化を図りつつ株主の皆様への更なる利益還元を実施していくよう考えています。

Q3.下期集中の理由は?

A3.

当社の事業は、支払いサイトが長期化傾向にあり、また、分割検収案件であっても、検収納品後(終了時)の支払比率の拡大傾向が大きいため、期末に利益が集中する構造になっております。当業界では、このようなケースが多く見受けられます。

Q4.海外市場への進出は考えているのか?

A4.

2003年、日本とベトナムによるソフト開発の合弁会社を設立いたしました。コンテンツを中心にベトナムの技術者へアウトソーシングしていくよう考えています。

Q5.市場は拡大しているのか?

A5.

アメリカのIT情報サービス専門のリサーチ会社であるガートナー社は、プロフェッショナルサービスの年成長率を8%と発表しており、その中のITマネージメント(ITアウトソーシング)は、9.6%の成長を続けると予想されております。
情報サービス産業の特定サービス産業動態統計による売上高は、ゲーム関連ソフトは減少傾向にあるものの、当社のターゲットソフト・保守管理などは増加傾向にあります。

Q6.他社とのアライアンスに対する考え方は?

A6.

既存の事業基盤をベースにして、今後の新規分野への事業拡大を図るため、同業種・異業種を問わず、経営シナジー(相乗効果)の高い企業やグループと幅広くアライアンスを組んでまいります。

▲PAGE TOP