会社案内

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営判断の迅速化を図るとともに、経営の透明性向上の観点より、経営チェック機能の充実・コンプライアンス遵守の経営を徹底しております。

会社の機関の内容および内部統制システムの整備の状況

1.会社の機関の内容

取締役会は、代表取締役1名、取締役6名及び監査役3名の計10名で構成されており、原則として毎月1回開催しているほか、必要に応じて臨時取締役会を適宜開催し、意思決定の迅速化を図っております。

監査役会は、社外監査役2名を含む3名(常勤1名)で構成されており、原則として毎月1回開催しているほか、臨時監査役会を適宜開催し、監査体制の充実を図っております。

また、内部監査担当者を任命し、継続して内部監査を実施し、内部統制機能の向上を図っております。このほかに、法令遵守をはじめとするコンプライアンスの強化を図るため、コンプライアンス委員会を設置し、本委員会のもと、企業活動全般にわたって、定期的に法令・企業倫理面からのチェックを行っております。

2.内部統制システムの整備の状況

当社は、内部統制システムを会社運営の最重要事項の1つとして位置づけ、業務の有効性と効率性の向上、財務報告の信頼性確保、関連法規や社内規程の遵守、資産の保全を目的とした体制の整備を進めております。

3.内部監査および監査役監査の状況

内部監査につきましては、内部監査担当者が業務監査を実施しており、業務活動全般に関し、その妥当性や有効性および法規制、社内ルールの遵守状況等について定期的に監査を実施し、各部署に助言、勧告を行なうとともに速やかに監査実施報告を行っております。

監査役監査につきましては、監査役が、監査方針および監査計画に基づき、取締役会に常時出席しているほか、重要会議にも出席するなどして取締役の業務執行を監査しております。

▲PAGE TOP